ページ

2016年12月5日月曜日

退学について

この記事は、退学アドベンドカレンダー 2016の5日目の記事になります。


おはようございます、龍世です。
退学というとゴミ又はクズと言われたりしますし、それは良くないというのが一般説の様です。
今日は125日、妹の誕生日なのですが、そんなゴミみたいな話をしたいと思います!(ちなみに誕プレとかまだ買ってないしマジでゴミ)


自己紹介

アドベンドカレンダー経由で来て初めましてな方もいるかと思うのでザッと自分について。




最近髪がイキってるただのオタク(緑とか銀とか)周りからは限界イキリオタクと馬鹿にされています。

現在はHR × Techみたいな業界でエンジニアをしている。

主な生息地はココ。 飯とか遊びとか大歓迎っす。
Twitter @rt1031_bot


今回はお友達にこのカレンダーやれば〜?って言われたので参加して見ました。ゴミみたいな記事を書き散らかしたいと思います。



大学をやめる #とは

さて、いきなりですが、大学を辞めるということはどういうことかと、辞めたあとの生活など、プラスな事は人によって違うので共通すると思われる僕の体験したマイナス面を見ましょう。




遊べない
 大学時代は遊ぶ時間がたくさんありました。授業をサボって寝たりもできました。自由でしたね。マジ最高。
周りの友達は大学生なので平日も遊べる上に俺が暇な土日はバイトだったりします。同世代の友達とは疎遠になっていくよね。



仕事をし続ける
 多分この先は定年、あるいは死ぬまで仕事を続ける事になるかと思います。働きたくないでござる



退学と言うと「あっ…」って表情をされる
 大学を辞めましたというと、あっダメなヤツねって感じに思われます。特に髪の色が黒じゃない人は注意が必要です。印象が悪くなります。
僕がこんな髪型して退学して昼過ぎから仕事行ってるのをよく近所の方に見られているので、近隣の方との距離感が心配です。最近あまり絡みがないような気がします(します。)



学生料金が使えない
 死ね(死ね)



将来の不安
 特に自分はスタートアップの会社にいるので、将来の保証がありません。本当に大学卒業して黒字の会社に入社して安定した生活を〜みたいな感じの人生を歩まなくてよかったのかなと思う時が2000000時間に1度くらいあります。






大学を辞める意味

いかがでしたか?退学を後ろ向きに見ると上記の様なことが生じますね?みなさん、そうですよね??

ですが、大学に行く意味のある方って、

・大学でやりたい、やる必要のある研究がある。

・社会に出る前に経験して起きたいこと、学びたいことがある。

このふたつだけだと思っているので、まーーーーあやりたいこともなく授業はドットインストール以下のゴミの中にいたらそりゃやめますわwwww物理の授業は楽しかったけど。


おわりに

退学のご利用は計画的に。