ページ

2016年8月18日木曜日

大学を1年で辞めてスタートアップ企業に就職した話

おはようございます龍世(@rt1031_bot)です。

久しぶりにブログ書きました。

ちゃんと定期的に更新しようと思っていたのにやっちまいました。

ですが、最近忙しかったのとめんどくさかったのと書くことがなかったという3つの要素が僕の執筆活動の障壁となっていたので断じて僕のせいではありません( ´ ▽ ` )ノ


前置きはこのくらいにして実は僕、今年の4月から大学を退学してとある設立3年目の会社にエンジニアとして入社しました。

新サービスの開発エンジニアとして雇っていただいた形です。

んで、その話をするとよく聞かれるんですよね。なんで大学辞めたの?って。



僕は4人兄弟の一番上でして、まぁこんだけ家族がいるとそれだけで色々と金はかかるし下の二人は今年受験生で金かかるしとても俺の学費を無理に捻出できる状況じゃないんすよねwww

だからまぁ一番の理由を言ってしまえば

学費がないwww」




で終わるんですけど、本気出せば奨学金の増額とか学生ローンからお金を借りたりだとか臓器売ったりすればワンチャンどうにかなるかもしれなかったんですよね。

とはいえ金は借りたらいずれ返す訳ですし、そこまでして大学にいる価値があるのかって話です。



僕はとあるFラン大学(厳密に言うとFランではないらしい)の情報学科に通っていました。

なんでそんなトコに行ったかと言うと、
僕は小学生の頃からバスケットボールをやっていまして、全国大会とかも出てたりしたんですね。それで高校もバスケ推薦で入学したのですが、その高校が不完全燃焼で引退しまして、この大学にはバスケがしたくて入学しました。


ところがどっこい色々あってバスケじゃなくてプログラミングの世界に飛び込みました。


なんでプログラミングの世界に飛び込んだの?って思うかもしれません。理由は簡単です。

昔から起業に興味があった僕はエンジニアという生き物を尊敬していました。


というのも、どんなに頭の切れるアイデアマンがいたとしても、それを実現できるのはエンジニアだけだからです。
1にも2にもエンジニアありきでこの世界は動いていると僕は思っています。

だから僕はエンジニアをカッコイイなと思っていましたし、ジョブズよりもウォズが好きなんです。もっというとエンジニアCEOのザッカーバーグとか最高にクールです!


なので、バスケを諦めた後、エンジニアになろうと決意し、その日から一日中コードを書いたり本を読んだりする大学生活を始めました。(もちろんアニメも見るし漫画も読む)


そんな生活をしている中、ある時から薄々思うことがありました。僕はこの大学で何を学んでいるのかと。


プログラミングに関しては独学しているしそっちの方がはるかに進度が早い。友達と遊んでるのは超楽しいし、近所の一人暮らし勢とは一緒に生活してるかの様な感じで毎日がお泊まり会的な。

でも、そうやって遊んでる間に現役エンジニアの方やIT企業でバイトしてる学生と、どんどん差が広がっていくんだろうなって恐怖がありました。

これは僕が高校でバスケをしている時に常に感じていた恐怖心と同じでした。
こんな練習してる間にも他の高校はもっと濃い練習してて、埋まらない差が出来るんじゃないかっていう恐怖です。

結論から言うと、それは的を得てましたね。中学の頃互角に1on1できた私立の強いトコにいった友達も、高校卒業後は全然互角じゃなくなってました。練習の後もバスケに行ったりしてたのにな〜w
(まぁその話で行くと完全に量より質の問題でしたけど。今思えば俺の練習の質はカスだったwww)


まぁそんな恐怖心が焦りにもなり、眠れない日が続きました(他にも要因はあったんだけどね)

ある夜、寝れずに星を見てボケーとしてたら、大学に親の金を使って何を学びに大学に通っているのかって自分に問いかけてみたんですよ。
そしたら即答できなかったんですよね。もちろん建前的な答えは出せますが、それは本心じゃない。


なので大学に意味がないのではなく大学に”僕”が通う意味がないので、退学の電話をして、就職を決めました。



ってな感じで大学をやめてスタートアップ企業に飛び込んだぜって話でした。

今後、スタートアップ企業ってどんな感じかとか俺みたいなペーペーのエンジニアが入って何が出来んの?みたいな事を記事にしするかもしれません。(気が乗ればやるかも)


皆さんも何を学びに大学に行ってるのか考えてみてはいかがでしょう?思いつかないのなら就職した方が、周りよりも早く業務経験が積めるので、同い年の新卒よりかなりのアドバンテージを得られるはずです。

どこの会社も仕事が出来る人が欲しいのではないでしょうか?と僕は思います。
悪魔で憶測でしかないですが。

それに、何百万円も捨てずに済みます。決して目的なく大学に通う事は無駄とは言いませんし、僕も大学生活の1年間で得られる事はありましたが、それは100万円の価値があるのかというと費用対効果が悪い気がします。




まぁそんな感じで都内でエンジニアとしてボチボチ頑張ってます。

ではまた〜